目指せ金メダル! 2020年東京五輪開催

スポンサードリンク

 

2020年のオリンピック開催地が決定しましたね。

なんと“東京”です。

 

1964年に第18回夏季オリンピックが東京で開催されていますよね。

日本が獲得したメダル数は金が16個、銀が5個、銅が8個の計29個です。

日本が最も金メダルを獲得した競技はレスリングです。

柔道や体操も昔から強かったんですね。

北京オリンピックでもこの3競技は注目されていましたよね。

オリンピック記念硬貨は100円と1000円銀貨があります。

100円銀貨の製造記念は1964年の7〜12月で発行枚数8000万8056枚1000円銀貨は1964年8〜10月で発行枚数は1500万1516枚でした。

日本の象徴である富士山と桜が描かれていました。

当時は手に入れるためにたくさんの人が集まったんでしょうね。

発表後からにぎわいを見せています。

 

夏季五輪による経済効果は約3兆円と言われています。

7年後に開催ですがそのころの日本経済はどうなっているのでしょうか。

まだまだ問題は山積みですがオリンピックの頃には解決できるのかも心配ですね。

オリンピック開催まで日本の未来は予測できませんね。

経済は安定できるでしょうか。

 

東京五輪音頭とは、1964年10月に開催されたオリンピックのテーマソングです。

作詞は宮田隆さん、作曲は古賀政男さんです。

三波春夫さんのレコードが1番多く販売されていたようです。

その他にも三橋美智也さんや北島三郎さんなどがこの音頭を歌っていました。

1964年、9月9日に映画が上演されました。

孫娘が祖父の反対にもめげずに東京五輪の水泳殿罰で優勝するまでを描いたストーリーでした。

盆踊り大会でも踊られていますよ。

振り付けは、手をたたいたり、ふったり、くるっと回ったりして少しずつ進んで行きます。

 

2020年東京オリンピックを生で見たい競技ベスト5は1位33.2%、2位陸上競技25.5%、  3位水泳18.8%、4位柔道14.0%、5位体操 12.8% でした。

男性はやっぱりサッカーか好きなんですね。

日本チームには金メダルをとってもらいたいです。

サッカーの(17歳以下)ワールドカップが10月17日にアラブ首長国連邦で開幕されます。

ちなみにオリンピックは原則23歳以下が出場可能です。

東京五輪世代と言うと1997〜2000年生まれのひとです。

若い選手は7年後には立派な大人になっているでしょうね。

レスリング、体操、卓球の選手に大注目です。

これからエースが増えてきますよね。

選手には夢を与えてほしいです。

ニュースで話題でしたが、レスリングが種目として継続されることになりました。

日本の選手が強くて毎日放送されていたから、なくなると寂しくなりますよね。

またあの感動を見たいですね。

 

オリンピックと言えば聖火ランナーですね。

聖火ランナーになるためには、一般公募枠とスポンサー枠があります。

一般公募枠はチャリティー活動に積極的で功績が認められた人が優先されやすいです。

スポンサー枠は、ロンドンオリンピックで、コカコーラなどの推薦枠がありました。

 

7年後に東京で開催されるのは夢のようです。

これから活躍する選手の頑張ってもらいたいですね。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ