クリスマスには欠かせない!色とりどりのポインセチア

スポンサードリンク

 

11月からポインセチアがたくさん咲く時期ですね。

ポインセチアはクリスマスの時期に合わせて紅葉させて色を楽しむお花です。お花屋さんでも売られていますよね。色は赤だけではなく、ピンクや白もあります。ちなみに赤い色はキリストの血をもとにたとえられているのですよ。そんなポインセチアの花言葉を知っていますか。まずは赤から紹介します。

赤いポインセチアの花言葉は。「私の心は燃えている。」、「聖なる願い、祝福」               ピンクは「清純」です。白は「慕われる人」です。

クリスマスといえば赤のイメージが強いですが、ピンクは可愛らしく、白はホワイトクリスマスになってロマンチックになります。どれもきれいです。

天海祐希さん、管野美穂さん主演のドラマ「結婚しない」でポインセチアの花言葉を紹介されていました。大物女優2人がW主演とは豪華ですよね。俳優さんは玉木宏さんが出演しています。恋の行くえが気になるドラマです。

このドラマは30代、40代の結婚しない女性たちの姿を描いているドラマです。造園事業の仕事をしている女性(天海さん)と旅行代理店の契約社員の女性(管野さん)が同居し、恋愛や結婚について考えていくようになります。

天海さん演じる桐島春子はお花屋さんの店長で毎回1つの花についてのエピソードと花言葉を紹介します。花言葉の一つ一つが心に響き温かいメッセージになっています。

ドラマの第9話でポインセチアが紹介されていました。このエピソードは、お花を買いにくるお客さんであり、お花屋さんでアルバイトしている女の子の大学の教授である人の母親が亡くなり、春子は教授の家にお花を持っていきます。それがポインセチアです。 教授の亡き父親が母親にプロポーズするときに贈った花でした。その思い出の花を祭壇に飾ってほしいと遺書に書いてあったそうです。                                                          教授は春子に「最期の時まで、一番大切に思う相手の幸せを祈る。」と語りました。そして花言葉が「あなたの幸せを祈る」と知らされて感銘を受けるのです。

ポインセチアは華やかなので明るいイメージですがこんな意味もあるのかと感動しました。このドラマの影響でポインセチアをプレゼントする人が増えていたそうです。ドラマの影響は大きいですね。

ポインセチアは育てるのが大変です。日光をこの部植物で、日当たりの良いところに置き10℃~28℃が株を維持できる温度だそうです。ポインセチアは1日のうち夜のように暗い状態を13時間以上にすると開花します。だいたい60~70日かかります。育てるのが難しそうですね。 もうお店には売られていますよ。これからクリスマスが楽しみですね。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ