十三夜と十五夜は関係あるの?その読み方って何?

スポンサードリンク

日本の風習を学び愉しもう!十三夜。

 

十三夜と十五夜は関係あるの?その読み方って何?

 

日本には、古くから土地ごとに伝わり、

地理・歴史・産業などにより違いがある行為伝承、習わしが存在しています。

 

その中の1つに十三夜があります。

ちなみに十三夜とは”じゅうさんや”と読みます。

十三夜とは、旧暦9月13日の夜の事を指します。

 

十五夜の約1ヵ月後に巡ってくる十三夜は、

十五夜に次いで美しい月であると言われています。

 

満月よりも少し欠けた月が美しいとされたのは、

日本独特かもしれませんね。

 

そもそも、919年(延喜19年)に清涼殿(平安宮内裏の殿舎)で

月見の宴を催したことが九月十三夜の始めと言われています。

 

十五夜を【中秋の名月】と呼ぶように、十三夜は【後の月】または

収穫された枝豆や栗を備えることから【豆名月】【栗名月】とも呼ばれています。

 

十五夜だけを鑑賞することを「片月見」といい忌まれていたため、

「片月見するものではない」ということで十三夜にも月見をしたとされています。

 

十三夜の愉しみ方

すすきや秋の七草を飾り、団子と大豆や栗を中心とした

秋に収穫した農作物や果物をお供えします。

目で楽しみ、味で楽しむのが良いのでしょうね。

 

2013年の十三夜は?

2013年の十三夜は、10月17日です。

19時頃の東南東の空にお月様が見えると思います。

また、この日に天気がよければ、小麦が豊作だ!とする地方もあると言います。

 

十三夜を愉しもう!

今年は十五夜もキレイに観ることができた地域が多かったと思います。

ぜひ、古くから伝わる十三夜のお月見も愉しみましょう。

秋の収穫を祝うとともに、豊作や健康に感謝しましょう。

 

十三夜や十五夜をキレイに見たいがために望遠鏡を購入する人もいるようですが、

正直、私はそこまでしなくても…、と思ってました。

 

そんなある日、友人宅に遊びに行ったときに子供に

買ったという望遠鏡から星やお月様を初めてみました。

正直な話、こんなにきれいに見えるなんて…。

 

旦那に内緒で子供を口実にして本気で買うか迷ってます^^;

アドバイスがあればお願いします。


初心者でも安心!一番人気があり後悔しない使いやすい天体望遠鏡ですビクセン 屈折式天体望遠…


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ