立冬の食べ物ってかぼちゃがいいのかな?

スポンサードリンク

立冬の食べ物

 

立冬とは二十四節気の中にある暦上の区分で、

11月7日頃で冬の始まりの意味があります。

12月22日頃の冬至は、冬の雪の季節を意味する暦上の区分です。

 

天気予報のお姉さんが、

「今日は、冬至ですからカボチャを食べてゆず湯に入りましょう」と

言っていますよね。

 

夏の土用にはシジミ ウナギ 餡餅 ウの付く食べ物などが知られています。

ウナギに至っては、元祖コピーライターと言われる発明家の平賀源内先生が

考えた商業ベースのキャッチコピーから人気が出た食べものです。

 

現在、立冬の日に登録されている「あられ・お煎餅の日」「鍋の日」にも

それなりの理由があっての登録のようです。

 

二十四節気は中国から伝わったもので、

中国では「立冬補冬」と言う言葉があります。

食物で体調を整えることを「補」と言うそうです。

 

立冬の時期には早寝早起きをして、しょっぱいものを控え

て苦いものを食べることを心がけると良いとされているようです。

 

立冬に食べて欲しいもの

冬の始まりの立冬に良いスタートを切ることが出来れば

どんどん寒くなってくる冬を元気に乗り越えることが出来ます。

 

身体の免疫力と抵抗力を高める良質のたんぱく質とビタミンを身体が暖まる

調理法で温かい食事を楽しみましょう。

春を迎える準備は立冬からはじめましょう。

 

セロリ・レタス・春菊などがこの時期の苦い食べ物の代表選手です。

鍋ものに春菊を必ず添えるなどちょっとした工夫で、食べることが出来ます。

 

残った春菊は、さっと湯がいて、からし醤油で食べると美味しいです。

鶏ささみのボイルしたもの・かまぼこ・竹輪など どれか一品を混ぜ合わせると

色的にも食欲の出る一品に仕上がります。

 

セロリ・レタスもほかの食材と共に温野菜にしてたべると良いです。

温野菜の利点は、量が減り沢山食べることが出来ることです。

畑のお肉のお豆腐を潰してすり胡麻と和えたお手製ドレシングがあいます。

 

体を温める食材の活用

根ショウガは、購入後スライサーでスライスしてジップロックに入れて冷凍保存

しておくと煮物や汁ものを作る時に大変便利で身体を温める効果があります。

 

冷凍のまますりおろし生姜も作れますので、乾燥させて使えなくなり

無駄になることがありません。

 

立冬は、空気が乾燥し始める季節なので水分を補う食べ物がお勧めです。

良質なたんぱく質の代表選手にお豆腐とビタミンを豊富に含む

野菜たっぷりの鍋を食べれば水分補給とたんぱく質摂取が出来ます。

 

ダイエットにも貢献してくれる温かい鍋を楽しんで春を迎えましょう。

 


もつ鍋 ホルモン セット もつ煮込み モツ鍋 お試し もつなべ お取り寄せ もつ焼き 丸腸 博多【H…

 

日本の季節関連の記事をまとめましたのでどうぞ^^;

オフィスに使える足元ヒーターランキング!便利なUSBも。

十三夜と十五夜は関係あるの?その読み方って何?

うろこ雲って何の前兆だったりするの?地震?天気?

勤労感謝の日は意味をちゃんと知ってプレゼントをしよう!

師走の意味をご存知ですか?(陰暦で十二月)


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ