年賀状が出せなかった時、「寒中見舞いハガキ」はいかが?

スポンサードリンク

 

年賀状、出し忘れちゃった! 喪中の人に年賀状出したかった・・・。

そんな時は「寒中見舞い」です!

 

■寒中見舞いって?

年賀状、貰ったのに返事を書きそびれちゃった・・。そんなふうに思った事ありませんか?

出したのに、相手からは届かないと寂しいものですよね。

年賀状を出すタイミングを逃したあなたに朗報です!

そんな時には「寒中見舞い」を出せばいいのです。

 

寒中見舞いとは、年賀状のすぐあと、松の明ける1月7日頃から立春の2月4日頃までに出す季節のお便りの事です。

時期的なものもあり、年賀状の返事などとしても多く使われます。

難しい決まりなど特にありませんが、「年賀状の余りを使う」事だけはタブーです。

 

■こんな時にも寒中見舞い

「相手が喪中だったのに出しちゃった!」

「喪中だったあの人に近況を伝えたい」・・・そんな時にも寒中見舞いが活躍します。

 

相手が喪中だと知らなかった場合                                                                             「御不幸とも存じませず 年始状を差し上げて大変失礼致しました」、

知っていた場合                                                                                                       「ご服喪中との事で 年頭のご挨拶は控えさせていただきました」、

こちらが喪中の場合                                                                                                「喪中のため 年頭のご挨拶を遠慮させていただきました」という言葉を書き添えると良いでしょう。

喪中の方に結婚や出産などのおめでたい報告をしたい場合でも、寒中見舞いを使うのは一つの手ですね

 

■年賀状っぽくても良いの?

寒中見舞いが年賀状の代わりになる・・・と言っても年賀状ではありません。

イラストや写真を使っても良いですが、あくまでも季節のお便りですから、お正月を連想させる「初日の出」や「干支」は使わず、季節感のあるものにするのが良いでしょう。

 

 

■寒中見舞いを書いてみよう!

基本構成は

①季節の挨拶(寒中見舞い申し上げます)②相手への気遣い(寒さ厳しい折、体調を崩されておりませんか?など)③自分のこと(こちらは皆元気です)④結びの言葉(これからもご自愛ください など)⑤日付 となります。

もしも頂いた年賀状の返礼を書く場合は、                                                                   「返事が遅くなったお詫び」と「年賀状を頂いたお礼」を加えることはもちろんですが、       くれぐれも「出し忘れちゃった」事が相手に伝わってしまわないように気をつけましょう。

 

 

今は年賀状もそうですが、ハガキはだいたいプリントして使う事が多いですよね。

でも一言でも直筆で書き添えると、より心のこもったお便りになりますよ。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ