入園、入学するなら絶対に必須!通園バッグを作ってみよう

スポンサードリンク

 

ピカピカの新入生。

学校の指定されたカバンと、もう1つ通園バックを持っていますね。

大好きなキャラクターのイラストが描かれていたり、
かわいい動物のイラストだったり。

 

今は安く購入する事も出来ますが、
学校によっては「手作り」と指定されている所もあるそうです。

通園バッグだけでは無く、給食袋やランチョンマット、防災ずきんまで
手作りと決められている所もあるそうです。

 

手作りは少し大変かもしれませんが、
お母さんが頑張って作ってくれたカバンはお子さまにも愛情が伝わる物。

お子さまが大好きな柄やアップリケをつけてあげるだけで、
カバンに対する思いが変わってくるのではないでしょうか?

 

○生地って意外と高いもの?

手芸屋さんに足を運んだ事はありますか?

意外と生地って値段がはるものなんですよね。

幅110センチで長さ10センチで200円~300円。
キャラクター物だともっとお値段がはる事もあります。

値段だけ考えるとやはり作ってしまった方が、という気持ちにもなりますよね。
でもここはグッと我慢!

自分で作った場合には、ほつれた時等は簡単に直す事が出来ます。

手を加えたり修正したりするのも簡単です。

丈夫に作るのだって作り手のやり方次第です。

 

○型紙とかって?

http://sakura.canvas.ne.jp/spr/lovecraft/lesson_bag.html

こちらでは簡単な通園バッグの型紙を公開しています。

 

型紙も全部揃えようとすると大変ですが、
今はインターネットで型紙が無料で公開されています。

使用用途にあった型紙を選んでプリントアウトしたりする事で手軽に手に入れられます。

上記サイトではお子さまのヘアアクセサリの作り方等も載っています。

練習がてら、作ってみても良いかもしれません。

 

手作りの方がお子さまが愛着を持って使う事が出来ると思います。

お母さんのお手間はかかりますが、ぜひこの機会なのでミシンを使って
色々作ってみてください。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ