飲む前・飲んだ後に!効果のある二日酔い対策は?

スポンサードリンク

 

二日酔いってつらいですよね。

お酒はおいしいし、楽しくなってつい飲み過ぎてしまうことはありませんか。

でも飲み過ぎると次の日にひびきますよ。

 

二日酔い対策として飲み物が上げられています。

二日酔いに効くドリンクは、スポーツドリンク、果実ジュースそして市販のドリンクです。

スポーツドリンクはアルコールによる大量の水分と栄養素が失われるものを水よりも素早く吸収してくれます。

いくつかのスポーツドリンクを比較して、アルコールの代謝を促進し二日酔いに効くオルニチンが含まれているアミノサプリCが良いと言われていました。

 

次に果実ジュースを紹介します。

二日酔いは脱水症状や低血糖症が原因で起こります。

果実ジュースは吸収が早いので低血糖症を解消してくれます。

そして失われた栄養を補ってくれるのです。

最も二日酔いに効くジュースはオレンジジュースです。

手作りのジュースを飲んでいる人もいます。

 

二日酔いに効く食材は、卵、レモン、蜂蜜、塩です。

卵はLシステインが含まれていてアセドアルデヒドン分解をするのと、ビタミンやカリウムなどアルコールで失われた栄養素を補ってくれます。

レモンはクエン酸高価に余栄疲労回復、整腸に効果的です。

蜂蜜は低血糖症の解消、グルタミン補給による肝臓の活性化に効果があります。

塩は排尿で失われる塩分補給です。

 

最後に市販のドリンクです。

よくヘパリーゼのCMが放送されていますよね。

二日酔い予防薬の中で一番種類が多いのがヘパリーゼです。

場合によって飲むものの種類があるのは嬉しいですね。

ヘパリーゼが二日酔い予防に効果があるのは4つの成分のおかげです。

肝臓水解物、ジクロロ酢酸時イソプロピルアミン、ゴミシ、コンドロイチン硫酸ナトリウムです。

肝臓水解物は18種類以上のアミノ酸の中のアラニン、グルタミン、メチオニン、トリプトファンが二日酔いに効きます。

アラニンはシジミに含まれる成分でアセドアルデヒドの分解をします。

メチオニンは肝臓の毒素野郎は異物を排除し、代謝を促進します。

トリプトファンは睡眠障害を緩和する効果があります。

ジクロロ酢酸時イソプロピルアミンは別名ビタミンB15で肝臓の働きをサポートし、傷ついた肝臓の再生を促す効果があり、栄養ドリンクに含まれることが多いです。

ゴミンは神体の水分代謝を正常にする働きがあり、下痢になりやすい人は予防になります。

コンドロイチン硫酸ナトリウムは階層や山芋に多く含まれていて、疲労やだるさの改善に効果的です。

その他にウコンの力もありますね。

ウコンに含まれるポリフェノールの一種のクルクミンは二日酔いにも効果的ですが飲酒前に飲むといいそうです。

アルコール分解能力が優れていて、肝臓の機能を強化してくれます。

ごまの栄養素のセサミンも効果的です。

アセドアルデヒドの分解を促し、肝臓の損傷を防ぐ効果効果もあります。

このようなものを飲むことによって二日酔いが予防されます。

 

楽しくて飲み過ぎてしまうそこのあなた、お試しください。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ