親子の触れ合い「ベビーマッサージ」のオイルはどれがいい?

スポンサードリンク

 

赤ちゃんに行うマッサージは、パパやママが、赤ちゃんとコミュニケーションを取る方法の一つで、親子の贅沢な触れあいのスキンシップで赤ちゃんはリラックスすることができ
安心してぐっすりと眠るようになったり、ストレスが減ることで免疫力が向上したり、気持ちが穏やかになって情緒が安定したり、様々な効果が期待できます。

さらに、ベビーマッサジは寝返りや、お座りなどが出来るようになるために必要な筋肉も刺激します。赤ちゃんの身体の発達にもよく、適度の運動にもなり、皮膚刺激によって消化を促進するので、胃腸の働きが活発になり、下痢や便秘解消にも効果があります。

ベビーマッサージはマッサージオイルを使って行なうことが多いのですが、オイルを使うことによってベビーマッサージをする時に肌触りを良くして摩擦を減らすだけでなく、赤ちゃんのお肌の汚れが取れ、保湿効果なども期待できるそうです。

【ベビーマッサージによく使われるオイル】
ホホバ オイル
グレープシード オイル
スイートアーモンド オイル
マカダミアナッツ オイル
アプリコット オイル
セサミ オイル

ベビーマッサージオイルは植物油ですから、開封するとすぐに酸化してしまいす。開封後はできるだけ早く使い切るように注意が必要です。遮光瓶に入っているものを選ぶと良いです。
初めて使うオイルは「パッチテスト」という赤ちゃんのお肌にそのオイルが合うかどうかのテストをすることが推奨されます。
パッチテストのやり方は簡単で、オイルを赤ちゃんの上腕の内側(二の腕)にちょっとだけ(10円玉くらいです)塗ってみて1~2日間様子を見ます。オイルを塗った場所のお肌に赤みや発疹が出なければ、そのオイルを使って大丈夫です。

優しい音楽やオルゴールの音色を楽しみながら、ゆったり気分で行ってあげて下さい。親子の絆が深まります。

ベビーオイルの紹介。

http://www.amazon.co.jp/s?ie=UTF8&field-keywords=%E3%83%94%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3&index=hpc-jp&search-type=ss

http://www.dhc.co.jp/goods/goodsdetail.jsp?gCode=22275&sc_cid=ls_gl_skin_061944&re_adpcnt=7qb_nTTQ&device=c

http://item.rakuten.co.jp/kenkocom/j510490h/?scid=af_pc_ich_link_tbl&sc2id=217113479

 

ママにも朗報ベビーオイル

毛先だけ金髪とか、触ると「ゴワつく」、クシでとかしていると「ブチッ」と切れる…。
そんな場合は、お風呂に入る前に、思いっきりベビーオイルを塗りたくります。もう、ギトギトになるくらい。で、 熱いお湯にタオルを浸し、しっかり絞って髪に巻きます。一発でキレイな髪にできるベビーオイルの活用方法です。
蒸しタオルは30分くらい巻くと良いようです。 お風呂に入ってシャワーで流します。 次は、シャンプーを何回か、泡立つまでシャンプーをして、しっかり「すすぎます」。

パパに協力をお願いしてリフレッシュして下さい。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ