妊娠中のインフルエンザ予防接種・注意点はある?

スポンサードリンク

 

日本のインフルエンザのワクチンは                                                                           「不活性化ワクチン(ふかっせいかわくちん)」と言って、                                                インフルエンザのウイルスの毒性を死滅させて、予防に必要な成分だけを利用して作られています。

 

予防接種後すぐに妊娠がわかっても、アレルギーや疾患が無い場合、                          お腹の赤ちゃんにワクチンが悪影響を及ぼしている可能性はとても低いと考えられ       母体に抗体ができるだけです。

もしも風邪のような症状がでて、つわりとは別に感じたら、受診時にはインフルエンザの予防接種を受けたことを伝えてください。

副反応の場合もあるし、妊婦への薬の投与は通常とは異なるので申告は必須です。

 

妊娠初期は赤ちゃんを守る胎盤が完成していない時期も含まれているので、インフルエンザワクチンが胎児に与える影響が大きいのではないかと心配です。

不活性化ワクチンは、効果は期待できますが生ワクチンほどの副作用は少ないと言われています。

ただ、胎児が不安定な妊娠16周頃までは避ける傾向にあります。

 

病院によっても妊婦へのインフルエンザ予防接種は、考え方が様々です。

予防接種で悩んでいる場合は、病院に妊娠週を伝えて相談してください。

地域で流行している場合は感染時の危険性を考えて、予防接種を勧められる場合もあります。

 

妊婦になることを考えてインフルエンザ予防接種に迷っている人は、妊娠前に予防接種を済ませインフルエンザ流行時にも対抗できる強い母体を作っておきましょう。

 

妊婦さんが新型(季節性)インフルエンザワクチンの予防接種を受けて、重大な副作用を引き起こしたという報告はまだありません。

インフルエンザワクチンの予防接種を受けると、二週間ほどで母体内に抗体が作られます。

この抗体は、胎盤を通して赤ちゃんにも送られ、生後6ヶ月頃まで母体からもらった抗体に赤ちゃんは守られる事になります。

 

ワクチンには2種類あり、防腐剤が使用されていない「プレフィルドシリンジ」がいいでしょう。

もしも、「バイアル」しかない場合でも、防腐剤の心配よりもワクチンを接種する方のメリットが大きいので出来るだけワクチンを接種するようにしましょう。

どうしても防腐剤フリーのワクチンがいいという方は、あらかじめ病院に確認して受診する事をオススメします。

卵アレルギーの方は接種を控えるようにしましょう。

ワクチンには卵が使用されており、卵アレルギーの方が接種すると急激な血圧低下や循環異常を起こすアレルギー反応が出る可能性があります。

感染しないよう予防をしっかり行いましょう。

 

予防対策

感染を避ける為、必要時以外の外出は極力避けるようにしましょう。

外出時や人が多い場所に出かける際は、マスクを着用しましょう。 (ガーゼよりも不織布(ふしょくふ)の方がウイルス対策に効果的です)

外出後や人と接触した後は、手洗い・うがいを念入りに行いましょう。

栄養バランスを考えた食事と十分な睡眠を心がけましょう。

加湿器などで室内環境を整えましょう。                                                                     (ウイルスは低温・低湿の乾燥した空気を好みます。                                                   室内での適度な湿度(40%以上70%以下)を維持するよう心がけましょう)

 

http://www.mhlw.go.jp/bunya/kenkou/kekkaku-kansenshou04/pdf/ninpu_1217_2.pdf

厚生労働省のページです。参考になります。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ