低価格で高品質!今はジェネリック家電が狙い目

スポンサードリンク

 

ジェネリックとは英語でGenericと表記し、「一般的な」、「ブランドに囚われない」といった意味の言葉です。

著名ではない企業が製造販売する、いわゆる「ノーブランド品」で お安くかつ比較的高品質な家庭用電化製品の俗称です。

今までは、韓国製や中国製の製品が多くを占めており、2012年度、大手ホームセンターで扱った扇風機の9割がジェネリック家電でした。

特許が切れた医薬品と同じ成分で別メーカーが作る価格の安い「ジェネリック医薬品」からの連用です。

同様の他製品俗称に「ジェネリック家具」があります。これは、意匠権の期限の切れた有名デザイナーの名作家具を正規メーカー以外が復刻生産したものです。

この先、ジェネリックと付くどんな商品が出てくるのでしょうとても楽しみです。

ジェネリック家電は、型落ちの家電部品を安く集めて組み立て、シンプルな機能で安く売る新しい業態です。ジェネリック家電に使われている部品は、数年前なら最新式部品であり、機能的に問題はありません。

これまで、あまり名前を聞いたことのないメーカーが製造する激安商品は、一部のホームセンターや通販でしか扱われていませんでしたが、最近では、家電量販店が積極的にジェネリック家電を販売するようになりました。

地上デジタル対応テレビの大量売上以降は、テレビに続くヒット商品を生み出せないでいるメーカーと売り上げ増加がない販売店があり、一方で、メーカー品以外には目を向けなかった消費者が、ノーブランド商品でも品質が良く価格が手ごろであれば購入するという消費行動に変化が考えられます。ブランドより価格で選ぶ傾向が強くなってきています。

国内企業のジェネリック家電へ参入も増えてきています。工作機械・産業用機器専門業者が家電事業に進出、家具・調理器具など取り扱っていた通販会社も独自の家電を売りだしています。

東京電力の原発事故の影響で、節電が推奨され エアコン使用から扇風機へ変わりどこの売り場の扇風機も売り切れ状態だったことは、記憶に新しいことです。

これからを考える時カモ

3R運動は、 環境と経済の循環を形成するための提案です。

① Reduceリデュース/廃棄物抑制

② Reuseリユース/再使用

③ Recycleリサイクル/再生資源

江戸時代は、無駄のない生活をしていたそうです。

家電製作会社&販売店さんにタックを組んで頂き3R運動を率先して推奨実行して頂きたく思います。

何でもかんでも電気の力に頼っている私達の生活は、たくさんの電力を作ることに繋がります。非電化生活が必要な時が来ています。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ