国民栄誉賞とは?受賞者と辞退した方の理由とは何なのか?

スポンサードリンク

国民栄誉賞とは?

 

国民栄誉賞とは1977年(昭和52年)に定められた、

国民栄誉賞表彰規程に従って行われます。

 

規定は「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに

顕著な業績があったものについて、その栄誉を讃えること」となっています。

 

では、その受賞者と辞退した方の理由とは?

 

国民栄誉賞とは?受賞者と辞退した方の理由とは何なのか?

 

当時の福田赳夫総理大臣が本塁打世界記録を達成した、

プロ野球選手王貞治氏(受賞時37歳)を称えるために創設したのが始まりです。

 

内閣総理大臣顕彰にプロ野球選手を顕彰した前例がなかったという事情があった。

また王氏は叙勲には若過ぎたという事もあり、そのため、より柔軟な表彰規定を

持つ顕彰として創設されたのが国民栄誉賞です。

 

内閣総理大臣顕彰とは

内閣総理大臣や政権による表彰として、

1966年に当時の佐藤栄作総理大臣が創設した。

 

「国家、社会に貢献し顕著な功績のあったものについて

これを顕彰することを目的」とする。

 

表彰の対象は、国の重要政策や防災・災害救助、道義の高揚、学術・文化の

振興などの6項目のいずれかに貢献のあった「全国民の模範と認められるもの

その他内閣総理大臣が表彰することを適当と認めるもの」であり、

個人や法人に限らず団体も含まれ表彰されたものには表彰状および盾が

授与され、その際に金一封をそえることもできるとされている。

 

国民栄誉賞とは

「広く国民に敬愛され、社会に明るい希望を与えることに顕著な業績が

あったものについて、その栄誉を讃えること」と規定されている。

 

表彰の対象は、「内閣総理大臣が本表彰の目的に照らして表彰することを

適当と認めるもの」とありかなり幅広い解釈が可能である。

 

最初の授賞者である王氏が中華民国籍で

あったことからも国籍については要件にない。

 

また公開されている授与基準の他に、「これまで功績を積み重ねてきた上に、

さらに歴史を塗り替える、突き抜けるような功績をあげた」という

「暗黙の了解」を満たしていることも必要です。

 

本賞の表彰の仕方を定めた国民栄誉賞表彰規程実施要領では

表彰の候補者について、「民間有識者の意見を聞く」と定めており、

首相の要望だけでは決められない仕組みになっている。

 

有識者は授賞対象者に合った分野から選ばれ、順番に意見が聴取されるという。

また、授賞に先立って本人(故人の場合には関係者)への打診が行われ、

正式な検討手続きは受賞の意思が確認された後に開始される。

 

辞退した方たちとその理由とは

1983年中曽根首相からプロ野球選手の福本豊氏に当時の世界記録となる

通算939盗塁を達成したことから授与を打診されましたが、

「そんなもん もろたら立ちションもでけへん ようになる」と固辞しました。

 

1989年には、作曲家小関裕而氏に内定していましたが、

親族がこれを辞退しました。

 

2001年小泉首相が、当時シアトル・マリナーズのイチロー外野手が

メジャーリーグで首位打者、盗塁王のタイトルを獲得する活躍をしたことから、

国民栄誉賞を贈る方向で検討を行ったが、イチロー選手はこれを固辞しました。

 

さらに2004年イチロー選手が大リーグ最多安打記録更新で再度授与が

検討されましたが、「今の段階で国家から表彰を受けると、モチベーションが

低下する」と再度固辞しました。

 

イチロー選手はまだ現役ですので、モチベーションの低下…とした理由で

辞退していますが、いずれ引退後には再度授与が検討されるはずです。

その時にはきっと授与してくれるよ私は思います。

 


《楽天優勝セール参加中!》 ★1,500円以上購入で【送料無料】【新品】【書籍・コミック 小説・…


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ