出雲大社への車でのアクセスは?一般参拝服装はどんな?

スポンサードリンク

国内でも有名な観光スポットでもある、出雲大社。

ご存じの方も多いとは重いますが、一般的にはパワースポットや

縁結びの神様として知れ渡っているようです。

 

これから紅葉シーズンも迎えて車でのアクセスや

一般参拝での服装について調べてみました。

 

出雲大社

 

私は出雲大社という名前は聞いたことがありますが、

どんなものなのかわかりません。

 

よくテレビのロケでパワースポットとして紹介されていますよね。

縁結びの神様が有名と聞きます。なので、簡単に調べてみました。

 

教会

出雲大社教は出雲国造千家家の当主で、明治時代に創設されました。

祭神は大国主命です。大国主大神を奉斎しています。

 

御神体

出雲大社の御神体ははっきりした回答はないそうです。

現在、御神体はどのようなものかいくつか説があるので紹介します。

「七宝のはこ」や「九穴の鮑」や「鏡」だとしている説があります。

 

運営

参拝可能時間は 朝6時から20時までです。朝早くから開いているんですね。

休みの日は混むと思うので、朝早くから行くことをお勧めします。

 

特別拝観

60年に1度の「平成の大遷宮」が平成20年から平成24年まで行われていました。

平成20年4月に、「仮殿遷座祭」が執り行われました。

 

翌年から、御本殿を覆っていた、大きな素屋根の解体作業が行われました。

解体作業が行われる前に「平成の大遷宮」最後の特別拝観が、

24年の2月17〜29日まで実施されました。

 

そして、平成25年5月10日二は大国主大神が御本殿にお還りになる、

「本殿遷座祭」が執り行われました。

当日、朝5時から並ぶ人もいたそうです。

 

神聖な御本殿ではきちんとした服装でいなければならないと言われています。

なのでラフな格好はいけないようです。

 

バス(アクセス)

中にはバスで長い時間をかけてくる観光客もいるそうです。

京都、大阪、岡山そして広島から出雲大社にバスで行けます。

 

長くて約6時間、短くて約3時間で着きます。

値段は高くて片道6,000円、往復10,800円。

安くて片道3,900円、往復7,200円です。

 

ちなみに夜行列車もあるようです。

さらに昼行も夜行も予約制です。

地方から来る人もいるんですね。

 

お土産

旅行に行ったら必ずお土産を買いますよね。

縁結びで人気グッズを買ったり食べ物を買いますよね。

 

人気の和菓子を紹介します。出雲のご縁結び銘菓「俵まんぢう」

白あんが入っていておいしそうですね。

 

menu_manju1

 

本物の俵の中にはお米が入っているということで、

白あんにしたと言われています。

 

温泉

出雲大社に行った後に温泉に入るのはいかかでしょうか。

「湯元湯の川温泉」がおすすめです。

 

o0480036012519592128

 

湯元グループは有名ですよね。

おいしいご飯を食べて、温泉に入って部屋でゆっくり。

観光にはとっておきですよ。

 

宿泊もいいですが、日帰りもできるようです。

日本三大美人の湯でのんびりゆったり、お肌も美しくなる。

嬉しいですよね。

 

参拝方法

出雲大社の参拝マナーを知らない人が多いようです。

これをマスターすればもう大丈夫。

正しい参拝マナーを紹介します。

 

  • 正門の鳥居をくぐり、「祓社」に行きます。
  • 四柱の神様が穢れを祓ってくれます。
  • 神様の前に行く前に、穢れを落としましょう。
  • 3つ目に鉄の鳥居を抜けると松の参道に入ります。
  • そして手水舎で左右の手と口を清めます。
  • 4つ目の銅の鳥居を通ると御仮殿に入ります。
  • 出雲大社の参拝方法は他の神社と違い、「2拝4拍手1拝」が基本です。
  • お賽銭は縁結びにちなんで15円(充分ご縁)45円(始終ご縁)にする人がいてお賽銭は投げると神様に失礼なのでそっと添えましょう。

 

参拝手順

本殿の正面になる拝殿でご拝礼。

次に瑞垣にそって摂末社を参拝。

  1. 最後に御神座正面より、再度心を込めて拝礼。

※手順を守らなければなりません。

 

参拝には約70〜80分かかるそうです。

建物は広いから大変ですね。

 

今回、いろいろとしらべてみたら出雲大社に行ってみたくなりました。

今度は実際に行って体感してみたいと思います。

 


【送料無料】なるほど伊勢神宮と出雲大社のすべて [ 三橋健 ]


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ