ハロウィンの由来とか意味とか起源とかを簡単に解説します。

スポンサードリンク

海外では大きなイベントとして人気のハロウィン。

ハロウィンとは11月1日の諸聖人の日の前夜祭として、

毎年10月31日の夜に行われていて、カボチャをくりぬいて作った、

ジャック・オー・ランタンなどで、子供たちが家々を回って、

お菓子をもらう習慣がある。

ハロウィンの由来とか意味とか起源とかを簡単に解説します。

 

そもそも、この季節的な行事「ハロウィン」は、

いつ頃から日本でも行われるようになったのでしょうか?

気になったので簡単にではありますが調べてみました。

 

起源はいつ頃からなのでしょうか?

本来はヨーロッパの民族行事だったものが、

19世紀後半に広まっていきました。

 

由来はというと

聖人の前夜祭で秋に作物を収穫できた事をお祝いし、

悪霊を追い出す為に行なわれてきた事がそもそもの意味だそうです。

 

日時はいつが本当の日でしょうか

毎年10月31日の夜が本当のお祭りの日です。

 

ハロウィンの行事は何がありますか

主に有名なのは仮想パーティです。

 

何故、子どもにお菓子を配るようになったんでしょうか

昔はハロウィンの食材を集めるために子どもが、

農家の家を歩いて回って野菜などをもらったのが始まりのようです。

その事が今は野菜からお菓子に変化していったようですね。

 

今の定番は飴?

アメリカでは子どもたちの大晦日として扱われているみたいです。

 

日本に関してのハロウィンとは?

日本に伝わったのはいつ頃ですか

西暦2000年までは、「ハロウィン」の事が英語の教科書や

テレビのニュースでパレードの様子が流されたりする程度だったのですが、

今は各地で仮装パレードなど思い思いの行事が行なわれているようです。

 

日本で始めてパレード行なった場所は?

調べた限りではキディランドが行なったのが始まりと掲載されていましたが、

諸説いろいろあるみたいですね。

 

と、ここまで簡単に調べてみましたが、

「ハロウィン」の伝説についてもたくさんの伝説があるみたいです。

 

まとめ

日本ではかなり早くからお店の準備が始まり、

「ハロウィン」商戦みたいな感じで準備が進んでいるので

毎年本当の日はいつなんだろう?と思いながらカレンダーを

眺めて日付を確かめていました。

 

一番思っていたのは、私が子どもの時代には

そんなに有名な行事ではなく今の子どもだけお菓子がもらえて

羨ましいなと思っていて、そうして大人は駄目なのかと思っていたので

調べてみてスッキリしたような気がします。

 

ハロウィンもホラーみたいで少し怖いと思っていた私ですが、

最近はパレードなども華やかでかわいいグッズも増えてきて

私自身ハロウィンが楽しく思えるようになってきました。

 

いろいろ知った上で仮装パーティがあれば、

自分で衣装などを作成して参加してみたいなと思います。

 


【送料無料】ハロウィーンってなぁに? [ クリステル・デムワノー ]

 

他にもハロウィンに関する事を書いています。

ハロウィンパーティーを子供と楽しもう!(お菓子のレシピ)


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ