夏バテ防止は広告文句?!「土用の丑の日」のはじまりは?

スポンサードリンク

 

土用の丑の日(どようのうしのひ)とは、土用の間のうち十二支がにあたる日である。

中国の春秋戦国時代ごろに発生した陰陽思想と五行思想が結び付いて生まれた陰陽五行思想の複雑な事象のひとつです。

 

土用とは、五行に由来する暦の雑節である 1年のうち不連続な4つの期間で、四立(立夏・立秋・立冬・立春)の直前約18日間ずつである。

俗には、夏の土用(立秋直前)を指すことが多く、夏の土用の丑の日に鰻を食べる習慣がある。

各土用の最初の日を土用の入り(どようのいり)最後の日は節分である。

 

平賀源内説-「本日丑の日」と書いて店先に貼ることを勧めて大変繁盛したため他の鰻屋もそれを真似るようになり、土用の丑の日に鰻を食べる風習が定着したという。

丑の日と書かれた貼り紙が効力を奏した理由は諸説あり定かではないが、一説によれば「丑の日に『う』の字が附く物を食べると夏負けしない」という風習があったとされ、          鰻以外には、梅干などを食する習慣もあったようだが、今日においては殆ど見られない。

 

春木屋善兵衛説 – 同じ文政年間の『江戸買物独案内』によると、                                 土用に大量の蒲焼の注文を受けた鰻屋、春木屋善兵衛が、子の日・丑の日・寅の日の3日間で作って土甕に入れて保存しておいたところ、丑の日に作った物だけが悪くなっていなかったからという説。

 

蜀山人説 – 天保10年の『天保佳話』(劉会山大辺甫篇)では、                                     やはり鰻屋に相談をもちかけられたが、「丑の日に鰻を食べると薬になる」という内容の狂歌をキャッチコピーとして考え出したという話が載せられている。

 

丑=鰻二匹説 – 平仮名で墨汁を使って毛筆で書いた「うし」と言う文字が、まるで2匹の鰻のように見えたからと言う説。

など多説あります。

 

うなぎは、夏バテや疲労回復に効果が期待できる滋養強壮の代名詞食品であり

ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンE・ビタミンD・カルシウム・カリウム・鉄・亜鉛をバランスよく含む食品です。

コンビニやスーパの売上増進に貢献していたうなぎのかば焼きとうな丼ですが、

近年ウナギ稚魚不足が問題になり高価な食べ物になっています。

世界のウナギの7割を日本が消費している現状は、とても大きな問題です。

 

どなたか 元祖コピーライターの平賀源内先生を上回る素晴らしいキャッチコピーを考えて第二の夏バテ防止&疲労回復商品を考えては、頂けませんでしょうか?

日本人は、ウナギと同じ成分を含む食品を探し食べることが、自然保護に繋がる時代です。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ