七五三とはそもそも何か?気になる費用は?お祝い金は?

スポンサードリンク

日本の伝統的な行事の1でもある、

七五三ですがそもそもどういった意味があるのでしょうか?

 

また、七五三を行うに必要な費用は一体どのくらいが相場なんでしょうか?

さらに聞いたことがあるとは思いますがお祝い金はどのくらいが

相場なんでしょうか?調べて見ました。

 

七五三とはそもそも何か?

 

七五三と言う言葉はほとんどの人が聞いたことがあり、経験してきていると

思いますが、詳しくはわからないという人もいるかと思います。

 

私もその中の一人で、聞いたことがあり記念写真などを撮ってきましたが、

数え年にやるのか満の年にやるのかはほとんどわかりません。

 

子を持つ親になると自然とやらなければいけないので分かる人が

ほとんどだと思いますが、1歳の息子がいる私はまだ分からないことが

多いので詳しく調べたいと思います。

 

七五三とは

そもそも七五三とは、7歳、5歳、3歳の子供の成長を祝う日本の行事で、

天和元年11月15日(1681年12月24日)に館林城の主である

徳川徳松(江戸幕府5代将軍である徳川綱吉の長男)の健康を祈って

始まったとされる有力な説があるそうです。

 

11月15日は、子供成長を祝って家族で、

神社やお寺などにお参りに行くという行事です。

 

現在では全国各地で行われていますが、

昔は関東地方だけの地方風俗だったそうです。

 

「七五三」という名称から、その年齢にやる同じ行事と思われがちですが、

実際にはそれぞれの年齢で行う、別々の異なった行事があるそうで、

現在でも地方によって年齢や祝う内容が異なるそうです。

 

全国各地で共通だと思っていましたし、

それぞれの年齢に違った内容があるとは初めて知りました。

 

そこで今回は発祥の地とされる関東地方の行事内容を調べてみました。

 

○数え年3歳(満年齢2歳になる年)

「髪置きの儀」とし、男女とも行う。

江戸時代は、3歳までは髪を剃る習慣があったため、

それを終了する儀。

 

○数え年5歳(満年齢4歳になる年)

「袴儀」とし、男の子が行う。

男子が袴を着用し始める儀。

 

○数え年7歳(満年齢6歳になる年)

「帯解きの儀」とし、女の子が行う。

女子が幅の広い大人と同じ帯を結び始める儀。

 

数え年で行うのが正式ですが、現在では、

時期にこだわらず満年齢で行う場合も多いそうで、

日付も現在では11月15日と言うのが目安でその頃に自由に行われています。

 

七五三にかかる費用の相場

子どもが三歳になると初めて七五三を経験します。

とても楽しみですが、楽しみと同じくらい不安もあると思います。

 

特に不安なのが費用の面です。

どのくらいの費用がかかるのか調べてみたのでこれから

七五三を迎える方はぜひ参考にしていただけたらと思います。

 

神社に納めるお金

神社へのお礼としていくらか包んで渡します。

神社によって金額が決まっているところもありますし、

自分で判断して決める場合もあります。

ネットで検索すると金額が記載されている場合もあります。

ちなみに私の地元の神社では4000円で、

記念品として身体安全御守・交通安全の反射御守・千歳飴・

首からかける記念メダル・ノート筆記道具が貰えます。

 

衣装代

衣装についてはレンタルする方や購入する方、

お下がりで着用する方など様々だと思います。

もし着物や帯、下駄など全てをセットで購入すれば、

10000円程度の費用がかかってきます。

男の子だと袴を用意するのに同じくらいかかると思います。

男の子は写真のみ袴で、お参りの際は動きやすいスーツ

という方も多いそうです。

 

撮影代

撮影代に関しては、どこの写真館で撮影するか、

どの時期に撮影するか(平日か土日、何日前かなど)、

どんな風にプリントアウトするかによって

価格は大きく違ってきます。

例えばスタジオアリスの場合、衣装代やヘアメイク代は無料なので、

撮影代とプリントアウトした分だけかかることになります。

また、遠方にいる祖父母や両親に写真を送る分と

家に飾る分などすべて注文すると結構な金額になります。

なので、データでいただき自分で印刷するか写真屋さんで

印刷し自分で購入した写真立てに入れて送ります。

そうするとすごく費用が浮くので家計の足しになると思います。

100日や端午の節句、1歳の誕生日や七五三など

子どもの記念写真は残しておきたいものですよね。

毎回毎回費用がすごいとなると子どもが1人だといいところですが、

兄弟それぞれにかかってくるのでデータで頂くのはおすすめです。

あと、個人の写真館よりはスタジオアリスなどの

全国展開しているところの方が断然安いと思います。

 

お食事代

お参りをした後、家族でお食事をするのでその分もかかってきます。

事前に調べて予約をしたり、お店側とよく相談して

決めておいた方がいいでしょう。

 

お祝い金の相場

祖父母が孫にあげるお祝い金の相場は10,000円~100,000円だそうで、

甥や姪にあげる場合は5,000円~10,000円が一般的みたいです。

 

金額がいくらというより、気持ちだけでもありがたいものですよね。

ちなみにお祝いのお返しは、一般的に頂いた金額の3割~半額程度だそうです。

 

可能であれば、子供もつれて七五三祝いのお食事の場をもうけるのが

一番ですが、祖父母が遠方住んでいて不可能な場合、お菓子などに

七五三の記念写真を焼き増しして送るなどしてお返しします。

 

物を送る場合、紅白の水引で、

表書きは「内祝い」 下段にお子様の名前を書きます。

 

と、簡単に七五三についてご説明しました。

下記でも七五三のアレコレについてまとめてますので良かったらご覧下さい。

 


《期間限定!》 ★500円以上購入で【送料無料】 2013/10/07 09:59まで【新品】【書籍・コミック…

 

七五三のアレコレをまとめておきました^^;

七五三での髪型は?3歳とか7歳の簡単な髪型はどんな?

七五三での親の服装は?ワンピースでもいいの?前撮り時は?

七五三のお祝い金額はいくら?兄弟はいくら?相場はいくら?

七五三の着物。3歳とか7歳とかの着せ方ってどうするの?

七五三の疑問?男の子や女の子はいつお参りなんでしょうか?


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ