厄払いのアレコレ!知っていて損はナシ!

スポンサードリンク

 

厄年だった!厄祓い行こう!!

いざそう思った時、「あれ、金額はいくらくらいだろう?」「熨斗袋は?」と疑問に思うことがありませんか?

一般的なマナーを知っておけば、慌てることはありませんのでご安心下さい。

clip_image002

〇そもそも厄年とは?

厄年とする年齢は・・・

一般的には数え年で

男性は25歳、42歳、61歳、

女性は19歳、33歳、37歳です。

「身体的、精神的、社会的に節目を迎える年」があるという考え方に基づいています。

お体の曲がり角ですね。

その節目の歳を厄年として、身を慎み精神を安定させた状態で過ごすことにより健康で無事に過ごすことができるとされます。

最近では境内に厄年を紹介する掲示がされている神社も増えてきています。

厄除けとは厄年を迎えた人が「厄祓い」を行うことを言います。

 

〇御初穂料と玉串料の違い

「初穂」とは、その年の最初に収穫された稲(=初穂)や穀物などの農産物を指します。

神仏への捧げものとして毎年奉納されていました。

その年の収穫や豊作を祝い、感謝したのですね。

現在ではその代わりとする金銭を初穂、初穂料、御初穂料等と言います。

「初穂料」とは、各種祝いの儀式(七五三、お宮参り)、結婚式、各祈祷、厄払い、地鎮祭などの際に神社に納める謝礼として金銭を渡す際の表書きにも「御初穂料」という表書きを用います。

また、お守りやお札を神様から授かる時にも「初穂料」という言葉を使います。

「玉串」とは、榊の枝に紙垂をつけたものを指し、神社において参拝者や神職が神前に捧げるものです。

玉串料はこの玉串の代わりとして納める金銭のことを言います。

「玉串料」とは、通夜祭、葬儀(葬場祭)、各種祝い儀式(七五三、お宮参り)、結婚式、各祈祷、厄払いの際に神社に納める謝礼として金銭を渡す際の表書きに「御玉串料」という表書きを用います。

 

clip_image004〇厄祓いの金額と封筒

神社によって異なりますが、目安は5000円位ですが、         お分けいただくものによって金額が変わってきます。

予約の際に神社に確認すると良いですね。

「お気持ちで結構です」と言われたら、5000円位が相場だと思います。

お祓いの後にお守り(御札)をいただく場合もあります。

いただいたお守り(御札)は、翌年の初詣などの際に神社に納めましょう。

また、水引きですが蝶結びのものと結びきりのものと迷いますよね。

神社での正式参拝の際に神社に渡す謝礼は、白赤の蝶結びの熨斗袋に入れて用意します。白い封筒でも大丈夫です。

一般的な祈祷や祝詞には蝶結びの水引きを用います。婚礼の場合は結び切りのものを使います。

厄年や厄祓いと聞くとなんだか物々しい印象がありますが、誰でも節目節目に経験するものです。

あまり難しく考えずに、きちんとした礼儀とマナーを知っていれば慌てることはありません。

自分自身の心身と向き合う良い時でもありますので、厄を祓い、健康に過ごせるように心掛けましょう。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ