おみくじの意味

スポンサードリンク

 

初詣と言えば「おみくじ」です!

小吉と末吉、どっちが良い? 引いたら木に結ぶんだっけ?

■おみくじの意味・引き方

『おみくじ』・・・誰しも1年に1回は引くのではないでしょうか。

おみくじとは「クジ」に尊敬を込めて呼んだ名前で、漢字で書くと「御御籤」、神社では「御神籤」、お寺だと「御仏籤」となるようです。

平安時代の僧「元三大師」が作ったクジが元になっていて、今は大吉>中吉>小吉>吉>末吉>凶>大凶の7段階か、大吉>中吉>小吉>吉>半吉>末吉>末小吉>凶>小凶>半凶>末凶>大凶の12段階になっている事が多いようです。しかし寺社によって多少の違いもあるようです。

おみくじはまず、参拝してから引きます。そして引けるのはその日に一回だけ。たとえ悪いものが出たとしても、引き直したりしてはいけません。

気になるおみくじの「効力を発揮する期間」ですが、これは各々が決めて良いそうです。たとえば1年に1回引く人なら効力は1年間。1週間に1回なら1週間ですね。

 

 

■引いたおみくじ、どうしてる?

引いたおみくじは、どうしていますか?良いものが出たら持ち歩く・・・悪いものが出たら木に結ぶ・・・。いろいろな言い伝えがあるようです。そもそも、「木に結ぶ」という風習はいつから始まったのでしょうか。

これは江戸時代、縁結びの神社での「クジを結んで縁結び」という事から始まったものが、今では縁結びとは関係なく、結ばれるようになったとか。

悪いものだけを結ぶようになったのは、「木のパワーをもらい、良い方へ転じるように」という考え方からだそうです。しかも利き手じゃない方の手で結ぶと「凶」が「吉」へ転じるとか。

しかし、これも様々な考え方があるようで、「悪いものこそ持ち歩き、戒めにするべき」や、「良いものも結ぶ」という意見もありますので、参考までにしておくと良いでしょう。

植物が傷みますので、結ぶ際は、決められた場所のみにしておく事を忘れずに。


 

■おみくじの「恋愛運」

おみくじにはいろいろな項目があります。

願望、待人、失物、旅立、商売、学問、争事、恋愛、縁談、出産 ・・・では恋の行方が気になっている人はどこを見れば良いのでしょうか。

いろいろな解釈があると思いますが、「ただ恋をしたい!」と言うなら『恋愛』を。「結婚したい!」なら『縁談』を見るというのが一般的なようです。

『待人』というのは様々なとらえ方が出来るので、「運命を変える人」という感じでしょうか。職を求めている人なら転職関係の人物、妊娠希望の人は赤ちゃんかもしれません。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ