自然エネルギーのメリットデメリット、自家発電はお得なの?

スポンサードリンク

自然エネルギーの自家発電はお得なのかどうなのか?

結局はやってみないと分からない事だらけだが、

出来る限り自然エネルギーのメリットとデメリットを

まとめてみたので参考にして下さい。

 

自然エネルギーのメリットデメリット

 

自然エネルギーで光熱費削減は可能か?

太陽光パネルは今年が買い時!!

訪問販売はちょっと怖い。

 

お休みの午後。

 

溜まった録画ドラマ見ながら自宅でまったりゴロゴロ、

日頃のストレスをのんびり癒している貴重な時間。

(あまちゃんおもしろいよね~。水タクサイコー!)

 

そんな時になぜかいらっしゃる例の方々。

あぁ…折角の気分が台無しです。水タク待っててね♪(w)

 

ご近所の手前、居留守はできない見栄っ張りな私は

大体対応するんですが、 まぁいわゆる『訪問販売』です。

 

最近は減ったけど、本当によく来るんですよね。

太陽光?の販売。

 

私と水タクの仲を裂くなんて許せん!!!

家もメンテナンスが必要。

 

先日会社のおっさん(40代後半)との雑談中、

自宅の外壁を塗りなおして百万以上のお金を支払ったから、

今年は金欠だぁ~とぼやいていた。

 

建売住宅10年目のメンテナンスとのこと。

そっかぁ。家ってマンションみたく管理費や修繕費がないけど、

いざ修繕すると大きな金額になるんですねぇ。

 

そこで屋根も結構傷んでいたそうで、

ちょっと奮発していい素材の屋根にしたんだとか。

 

3~4日の作業で足場を組んでの作業だったんで、ちょっと大変だったとか。

でもちょっと待って。

 

もし屋根に太陽光パネルが乗ってたら、それを外して塗装して、

また設置するって事だよね?

 

それってかなりの費用がかかるんじゃない?!

やっぱり太陽光パネルってお得じゃないんじゃないの??

お得と思えない自宅の太陽光会社のおっさん

(私をちゃん呼びしてくれるがおっさんでw)も

そこが気になり 太陽光パネルをつけていないんだとか。

 

そもそも全電力をまかなえて、仮に余剰の電力を国が

買い取ってくれたとしても、いま毎月支払っている電気代と比較して、

お得になるのかわからない。

 

太陽光パネルも電化製品と考えると、10年もつのかどうかわからない。

(車だって最高13年乗れればエラいものだし)

 

それに極めつけが屋根のメンテの際の脱却。

すごい金額になりそうで手がでない。。。

 

水タクに釣られた最近都心からちょっと離れた

郊外にはショッピングモールができて、一度にいろんなブランドが見れて便利。

 

週末はたくさんの人が溢れているんだけど、そこで声をかけられた。

振り向くと私の(違う)水タクがっ!

 

見直すと全然違う。。。(チッ) だがイケメンだ!!!!

声をかけたのは、アンケートに答えると景品がもらえるんだとか。

 

貧乏根性とイケメンに負けて早速記入。

あぁ太陽光パネルですか。またですか。

 

日頃思っている(そして水タクとの仲を裂かれ怒っている)

『設置しても割に合わない』理由をぶちまけてみた。

 

そしたら意外な答えが返ってきた。

導入時期と自宅の状態が大事、実際質問してみると、驚く事ばかり。

 

まず屋根の脱却。あれそもそも必要ないんですって(笑)。

マジですか?!

 

なんでも屋根が傷むのは紫外線や雨風での影響。

パネルの下の屋根は傷まない。

 

なので外して補修する必要がないんだとか。

しかも屋根の補修は面積で金額を算出する為、むしろ安くなるんだとか。

これには驚きました。

 

パネルの質の向上、助成金、余剰電力の買い取り金額、

自宅の屋根の向き。

 

その家その家で状況が違うのでなんともいえないですが、

そもそも政府が進めているってところが重要で、

例え買い取り価格が下がった今年でも 太陽光を普及させるための

適切な買取価格を設定している(ここ重要!)とのことなので

お得感が感じられないといったことはないのだとか。

 

以前より導入時のコストが劇的に減り、

今年限りになりそうな補助金もあるので まだまだ太陽光はオススメとのこと。

 

環境に優しくなる住宅、そして、

『日本の戸建住宅軒数の約5%』になるほどの導入率にまでなったこと。

日本全土のですよ!

 

そしてさらに驚いたのが、導入をキッカケに節電に力を入れるケースが多く、

太陽光発電で電力を供給することと合わせ、 国内の電力使用量を

減らす上で貢献している!!ということなんです。

 

枯渇性エネルギーではない!

さて、石油や天然ガスなんかも

自然界のものだけど、限りある資源だから、

枯渇性エネルギーなんて呼ばれているらしい。

 

枯渇って聞くと、なんだか身震いが。

だっていつかは私のお肌の潤いも枯渇……ギャーーー考えたくないっっ

 

対して太陽光、風力などを自然エネルギー

(再生可能エネルギー)なんて呼ばれている。

 

風力発電は私の実家北海道にもあるんだけど、

近隣の住民からはあまりのうるさい音に苦情爆発。

 

まだまだ普及には難しそう。

 

地震大国日本。私は地震が多い国なんだから、やっぱり原子力は心配。

これから国がどんどん主体となって企業や住宅に普及できる枯渇しない

エネルギー源を どんどん作ってもらいたいと思う。

 

発電した半分以上は漏電してしまう電気。

これからは自分で作って使う時代になるのかなぁって思います。

 


【送料無料】太陽光発電のしくみと実例


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ