脳梗塞(のうこうそく) とは?症状やチェック方法まとめ

スポンサードリンク

 

世界中一年間で1,500万人の発症が確認されている病気です。

動脈の閉塞、または狭窄のため、脳虚血を来たし、脳組織が酸素または栄養の不足のため壊死、または壊死に近い状態になる事を言います。

また、それによる諸症状も脳梗塞と呼ばれる事があります。

片麻痺意識障害失語などの 突然に発症したものは、他の原因によるものも含め、一般に脳卒中と呼ばれています。

後遺症を残して介護が必要となることが多く福祉の面でも大きな課題を伴う疾患です。

 

脳梗塞は高齢になるほど多い病気ですが、45歳以下で発症する若年性脳梗塞の場合、

脳や首の血管の内側が裂ける「動脈乖離(どうみゃくかいり)」など、特殊な原因が発生している場合が多いのです。

 

一般的な脳梗塞のリスクとしては高血圧・喫煙・糖尿病・脂質異常症・加齢などです。

女性は加齢によって女性ホルモンが減り、閉経後は脳梗塞のリスクが急速に上昇するので注意が必要です。

 

脳梗塞の前触れとされるTIA(一過性脳虚血発作)は脳の血管に血栓がつまり、           脳梗塞と同じ症状がでますが、血栓が自然と溶けてなくなってしまうため、                    数分ほどで症状が治ってしまうのが特徴です。

しかしTIAを発症した人は、早急な受診が必要です。

 

TIAや脳梗塞かどうかを判断するテスト方法。

①「イー」と笑顔を作ることができるかチェック。片方の口角が上がらなければ注意。
② 両腕を肩の高さまで前にあげてキープ。片腕が下がってきたら注意。
③ 短い文章をふだん通りに話すことができるかチェック。

以上の3ついずれか一つでもできなければ、救急車を呼んでください。

 

将来の脳梗塞のリスクを測定する血液検査があります。

またリスク要因の多い人には、より精密な検査として「脳ドッグ」の受診もおすすめです。

 

現在医学の進歩により、脳の血管に詰まった血栓を溶かし できる限り早く血流を再開して少しでも脳細胞を救う血栓溶解療法が生まれました。

しかし時間の問題と治療を実施している病院がまだ少ないのが現状です。

 

発症から4.5時間以内なら可能な「tPA(ティーピーエー)」という薬剤を静脈内に点滴し、血栓を溶かす治療法。

 

発症から8時間以内なら可能な足の付け根の血管から細い管を血栓の詰まった部分まで通し、血の塊を取り出す「血管内治療」があります。

決められた時間内に行わないと脳出血を起こす可能性が高まります。

http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/kenkou/seikatu/nousottyu/

参考ページです。

 

現在、肥満者がいない・運動量が多い・血圧が高くないなどの理由でフリカのピグミー族の人たちには脳梗塞は存在しないそうです。

見習わなくてはいけませんね。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ