我慢しないで!熱中症・日射病・熱射症 その症状と対処法

スポンサードリンク

 

環境や社会変化に伴いニュースで良く聞く言葉に熱中症があります。

熱中症は夏の強い日射しの下で激しい運動や長時間の作業をするときだけでなく身体が暑さに慣れていない時や室内でも起きます。

症状が深刻になると命に関わることになりますので、十分な熱中症対策をして予防に心がけましょう。

 

熱中症とは

屋内・屋外を問わず高温や多湿等が原因となって起こる、室内でも発症するケースが多く、年々増加傾向にある高温障害で、日射病・熱射病の総称です。

 

日射病・熱射病になりやすい状態

体力が低下している人・ 肥満の人・体調が悪い人(風邪などで発熱している時)・ 暑さに慣れていない人・ 我慢する人

 

日射病・熱射病なりやすい状況

前日に比べて、気温が急に高くなった時・気温はそれほど高くなくても、湿度が高い時・  アスファルトや草が生えていない裸地や砂の上などで活動している時・                        休み明けや初日の運動や労働をする時・ 涼しい場所から暑い場所に移って運動や労働をする時

 

日射病症状:

めまい、吐き気、嘔吐、脱力のほかに、皮膚は発汗が著しくじっとりと冷たく、皮膚の温度は正常かむしろ低くなっています。

 

熱射病症状:

口渇、頭痛、吐き気、全身倦怠感を起こします。はじめは著しい汗が出ますが、次第に汗が出なくなります。                                                                             

皮膚は乾燥し、紅潮して熱くなり、体温は上昇して40度以上になります。

意識障害を起こし、昏睡、痙攣を起こして、各種臓器機能障害をきたしてきます。

 

手当:

風通しが良く、涼しい日陰へ連れて行き安静にさせましょう。

身体を締め付けているものをゆるめ、衣服を脱がせて安静にします。

身体に水を霧吹き状にしてかけあげるか水で濡らしたタオルで全身を冷やします。

うちわや扇風機などによる送風 意識がしっかりしている場合は、上記の応急処置の他に冷たい水を飲ませます。

発汗がひどい時には、スポーツドリンクか、経口水(水・食塩・砂糖)を与えます。

意識状態が悪い時は、吐いたもので窒息を起こさないように、身体を横向きにして寝かせます。

震えや唇が暗紫色になったら保温をしましょう。

身体を有効に冷やすポイントは大きな動脈の通っている箇所を氷のうや濡れタオルで冷します。

冷たいペットボトル冷たいこんにゃくなど利用します。

日中の外出時は、日傘を差したり、つばの広い帽子をかぶったり、なるべく日陰で風通しの良い場所を選んで過ごしましょう。

十分な水分補給をしましょう。

口が渇く前に補給するようにしましょう。

真夏の車内も子供の置いてきぼりは絶対にやめましょう。

アルコール類は、水の代わりにはなりません。

意識がしっかりしていても、意識が回復した状態であっても必ず医療機関で医師の診察を受けましょう。

http://www.fdma.go.jp/html/data/tuchi2306/pdf/230614-1.pdf

消防庁の熱中症対策リーフレット


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ