鼻水が止まらない!寒暖差アレルギーってどんな症状?

スポンサードリンク

 

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎です。

多く場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期冷暖房による急な温度変化などにより起きます。透明鼻水が出る、鼻づまり、くしゃみ、せきなどが主な症状です。

 

寒暖差アレルギーをおこしてしまうのは、温度にあわせて身体を調節して適応させている自立神経の乱れも要因と言われています。

自立神経が対応できる温度差は約7度と言われており、それ以上の温度差になると、身体が自分では上手に適応できなくなってしまいます。

一般的に、成人女性がなりやすいと言われています、女性は男性に比べて筋肉量が少なく、体内で熱を作るのが苦手なため、冷え性になりやすく、その冷えが自立神経の働きを乱してしまう場合が多いからです。

アレルギーと名前がついていますが、医学的には「血管運動性鼻炎」と呼ばれ、アレルゲン(アレルギーをおこす原因物質)が見つからないものを、寒暖差アレルギーといいます。

 

花粉症でも鼻炎でもないのに、咳やくしゃみ、特に鼻水が出るようなら、寒暖差アレルギーの可能性があります。

大きな温度差による刺激が鼻の奥を刺激して血管の太さを変え、鼻づまりや鼻水などアレルギー性鼻炎のような症状をおこしてしまうのです。

寒暖差アレルギーの症状としては、鼻づまり、鼻水、食欲不振、睡眠トラブル、疲れやすい、イライラする、など自律神経の乱れから、鼻のみではなく、全身による症状が現れます。
対策をせずに、症状が悪化すると、ぜんそくになってしまうので、注意が必要です。

寒暖の差を感じたら、こまめに着たり脱いだりして、極端な温度変化を身体に与えない工夫。
マフラーや手袋、厚手のタイツや靴下などを着用して、冷たい外気に 触れる部位を減らす工夫。

 

汗をかいた後は、すぐに着替えて、体温を奪われないようにする工夫。

マスクをして、鼻の粘膜を暖めつつ、潤す工夫。

自立神経を調節するために、ぬるめのお風呂に入り、リラックスを心がける工夫。

にんにくやしょうが、スパイスを使った食事をして、血行を良くする工夫。
鼻水をおさえるツボを押して、少しでもすっきり過ごす工夫。

①目頭と鼻の付け根の骨の間を指でつまむようにしてしっかり押す。

②左右の鼻の膨らんだところの外側にあるくぼんだ所を強めに押す。

③頬骨の一番高いところのすぐ下を押す。

 

clip_image001

 

筋肉量を増やし、寒暖差に負けない身体作りを心がけましょう。


スポンサードリンク


どうでしょう?参考になりましたか?


あわせて読みたい関連記事

コメントを残す

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。

サブコンテンツ

スポンサードリンク

読者が選ぶ人気記事一覧

このページの先頭へ